【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 母親が「なぜそんな嘘話が出回るのか」と困惑した情報とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。美咲ちゃんの母・とも子さんは今月1日に自身のインスタグラムを更新。コメント欄には激励のコメント、美咲ちゃんの失踪に関する質問が殺到した。とも子さんはその質問に対して答えているが、現場で撮影されたという公開写真が、他の場所で撮影されたのではないかという疑問にも言及した。

 

 コメント欄に寄せられた質問の一つが以下の内容だった。「当日キャンプ場で撮られた写真が、位置情報によると那須高原で撮られた写真だった事に付いての反論ありませんか?美咲ちゃんがキャンプに行っても行かなくても、行方不明になる予定だった発言に付いてどう思いますか?」

 

 とも子さんは「その話は聞いていないのでなぜそんなこといったのかはわかりません。あれはあの場所の写真です。なぜそんな嘘話が出回っているのかわかりません。那須と道志のキャンプ場に行けば木の種類が違うのがわかると思います」と返信のメッセージを送った。他のユーザーからも、「とも子さ〜ん…。 今の時代、どこの基地局の電波がキャッチし写真撮影もどこで撮影されたか、わかってしまう時代なんですよ。木のしゅも大事ですけど…あの写真をどこで撮影したか?木の種類より明確にわかってしまう時代になったんですよ!」と書き込みが来ると、とも子さんは「何度もご説明しておりますが…道志のキャンプ場の写真ですので、それ以外どう説明したらよいのかわかりません…。違うものを警察が使用すると思いますか?」と強調した。

 

 ネット上では、「普通に考えたら警察はプロだから、どこで撮られた写真か調べ済みだと思いますよ。まずこれだけ騒がれてるので、疑わしい事は相手が誰であろうと調査済みですし、情報漏洩は滅多にないので、道志村の樹木ではなかったという結論が出回る事は有り得ません。身内に警察が多数いますので参考までに」、「とも子さんがいくら真実を説明しても、信憑性のない情報を信じて、疑い続ける方もいますから、わざわざ説明しなくていいと思います。私はずっと、とも子さんを信じていますから」などとも子さんを擁護する声が目立つ。

f:id:imp0201:20191006115718j:plain

 美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。情報提供は大月署(電話0554・22・0110)。