【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 母親が「キャンプ仲間に口止めした」理由とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。美咲ちゃんの母・とも子さんは今月1日に自身のインスタグラムを更新。ネット上で誹謗中傷を受けて精神的に追い込まれていることを告白し、コメント欄には激励のコメントが殺到した。とも子さんはそのメッセージに対して返信を書いているが、中にはとも子さんの行動に疑問を呈した内容も。その質問にもきっちり答えて大きな反響を飛んでいる。

 

 コメント欄には、とも子さんに対して質問状のような形で以下の文章が寄せられた。「なぜ運動会だったはずの日にキャンプに連れていったのか?なぜ33度の日に長袖二枚重ね、しかもヒートテック&黒のハイネックを着せていたのか?一緒にいたメンバー、その他のキャンプしていた人達の情報など全く出てこないのがすごく違和感があります。さなかに『探してください』というワードじゃなくあえて、祈ってという言葉しか遣わなかったこと。やっとの写真公開がぼんやり斜めからのみ。キャンプ仲間への口止めは小倉智子さん本人がなさったとブログで話していました。マスコミに対してだけならまだわかるけど。それも不思議です。はやく美咲ちゃんが見つかりますように」

 

 この何点かの疑問に対し、とも子さんは「運動会の土日延期の連絡が金曜日に入りましたので、キャンプに行きました。山梨は千葉と違って夕方冷えますし、枝などで怪我をする場合があるので長袖にしていました。当日メンバーにもお子さんがいます。このように娘がいなくなって辛い立場の母親に誹謗中傷を浴びせる人達に友達に証言してほしいとは思っていません。本当に仲の良い友達だから、娘その家族の為にも娘の為にもみんなを守りたいです。友達が皆さんへ証言したからといって娘がみつかるわけではないので。今までなぜ何も言わなかったのか?と誹謗中傷されだけですよね。誹謗中傷を受けるのは私だけで充分です。 娘に私が付き添わなかったせいで、行方不明になってしまったのですから。後悔してもしきれません。私の気持ち御理解いただけましたら有り難いです」と返信を送った。

f:id:imp0201:20191121070320j:plain

 この回答に対し、「こういうことを聞かれて胸中辛いと思います。わざわざ質問に答えてくれるとも子さんの姿勢に頭が下がります」と評価する声があったが、一方で「友達が皆さんへ証言したからといって娘がみつかるわけではないのでって…なんで?発見につながる有力な目撃情報がほしいんじゃないの?凄く違和感なんだけど…」という意見も。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。情報提供は大月署(電話0554・22・0110)。