【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親が「誹謗中傷を受けている」告白に、大きな反響が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、まもなく1カ月を迎える。遭難事故や連れ去り、誘拐事件の可能性があるとみて捜査を進めているが、有力な手掛かりはつかめていない。

 

 母親のとも子さんは20日夕方に自身のブログとインスタグラムを更新。その中で以下のメッセージが大きな反響を呼んでいる。

 

最初、拒んでいたメディアへの取材も

少しでも多くの方に美咲を見てほしい。

見つけてほしい。

その一心で受けています。

私が15分捜索するより、15分取材を受けて数万人の方へ見ていただいて、

その皆様の目、耳をお借りできたらという思いで取材を受けています。

メディアに出る度にたくさんの誹謗中傷を受けます。

でもそんな事に気にしてる場合じゃないんです。

娘が無事に見つかればそれでいいんです。

娘が見つかってくれれば、私への誹謗中傷は何でも甘んじて受けます。

どうか皆様のお力を私達に貸してください。

どうかよろしくお願いいたします。

私のせいで

たくさんの皆様に

御迷惑、御心配おかけして本当に申し訳ございませんでした。

皆様のご協力、心より感謝しております。

どうか皆様のお力を貸してください。

よろしくお願いいたします。

 

 ネット上では、「お母さんも愛娘が見つからなくてただでさえ辛いのに、誹謗中傷を受けて精神的にかなり追い込まれていると思います。お母さんを非難する人の神経が理解できません」、「度を越えた誹謗中傷があるので法的措置を検討した方が良いと思います」などの指摘が。一方で、「誹謗中傷とかあまり自分で言わない方がいいと思います…。メディアに出ることは決して悪いとは思いませんが、募金の件は疑問に思っている人が多いのでしっかり説明された方が良いと思います」という意見もあった。とも子さんの切実な願いが込められた文章を読んで心を突き動かされた人も多いだろう。美咲ちゃんが1日も早く無事に保護されることを祈るばかりだ。

f:id:imp0201:20191006115718j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。