【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 母親がインスタグラムを更新する「理由」とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。美咲ちゃんの母・とも子さんは今月1日に自身のインスタグラムを更新。コメント欄には激励のコメントが多いが、心無い誹謗中傷の書き込みも見られる。なぜ、とも子さんはインスタグラムを更新し続けるのだろうか。この問いに、答えたとも子さんのコメントがある。

 

 あるユーザーから、「お母さんが色々言いたくなるお気持ち、よくわかります。色々言われてイライラしたり、辛くなるのだと思います。だけど美咲ちゃんやお姉ちゃんや家族の事を思うなら、あまり色々言わない方が良いです。美咲ちゃんが戻ってきた後の事を考えると外に出づらくなりますよ。行方不明の母親って、反発とかせず、「探して下さい。お願いします」を言う人の方が多い気がしますよ。美咲ちゃんの笑顔が一日でも早く見られる事、願っています」という質問に対して、返信のメッセージを以下のように綴った。

 

 「忠告ありがとうございます。私もそう思ってずっと我慢してきました。なのでずっとコメントも返さず、更新もしませんでした。でも、家の写真を撮ったり、それを面白がって世間に発表したりされたら、今の生活も私達の心も壊れてしまいます。美咲をみつけたいことが1番です!でも二児の母親なので、今の娘を守ることも大切ですよね?なので今回気持ちを書きました」

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 心無い誹謗中傷を受けて心身が追い詰められたその苦しさは想像できない。インスタグラムを更新することは、美咲ちゃん発見につながる有力な情報を得たいと、わらにもすがる思いで母親が決断した行動なのだ。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。情報提供は山梨県警大月署(電話0554・22・0110)。