【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親のインスタグラムに「ある変化」が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、1カ月以上が経過したが、有力な手掛かりがつかめていない。美咲ちゃんの母親・とも子さんは自身のインスタグラムを更新して、情報提供を呼び掛けたり、ネット上で出回っている情報の真偽を説明していたが、批判の声が依然強い。23日朝までにコメント欄が閉鎖された。

 

 とも子さんも強いストレスを感じていたのだろう。21日に更新したインスタグラムには、「Instagramのコメントが荒れてるのは知っていました。でもそんなこと気にしてる時間が勿体なかったんです。でも、私を応援してくれる方もたくさんいました。その方々が心ない人たちとぶつかってしまう、その人達が責められてしまうそれが本当に辛くて、申し訳なくて」と辛い胸中を綴っていた。

 

 ブログのコメント欄には、「誹謗中傷を書く人たちと書かない人に分かれるのは、応援してる人は誹謗中傷コメントなんかにいちいち時間を割かないだけなんだと思いますよ。もちろん、一生懸命応援するコメント書いてる人も見かけますけど。応援してる人の方が圧倒的に多いです」と激励のメッセージがあったが、以前に応援のコメントを書いたという人からは別の意見も。「どうか、平穏に過ごしたいならsns発信もテレビ出演も辞めてください。しゃべればしゃべるほど矛盾が出ています。世の中の意見や憶測は、美咲ちゃんがただただ心配で駆け巡ってる噂話だと思ってスルーすべきです」という書き込みが見られた。とも子さんは心身に大きなストレスがかかっていることが想像できる。これらの意見や周囲の話を参考にして、コメント欄の閉鎖を決断したのかもしれない。

f:id:imp0201:20190930063551j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。