【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 母親が「ネット上のある誹謗中傷」に怒りの反論

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。その中で、美咲ちゃんの母・とも子さんが1日に自身のインスタグラムを更新。美咲ちゃんが失踪以降、自宅に面識のない人間が来る嫌がらせを受けていることを明かした。

 

 とも子さんはインスタグラムに綴った文章の中で、「私の当日の知り得る限りの事は警察、マスコミに全て話しています。警察は迷子、事件両方で捜索、捜査してくれています。これ以上何を世間に話したら良いかわかりません。もっと細かくネットで説明したり、当日一緒にキャンプした人がコメントを出したら、ネットニュースで誹謗中傷を書くような人達や嘘ばかりのブログを書く人が探偵になって見付けてくれるのでしょうか?娘を見つけようとしてくれている人が私の家まで何の為に来るのでしょうか?ただの嫌がらせですよね…。ただ興味本意で人を傷つけるコメントをしたり、誹謗中傷するのはやめてほしいです」と訴えた。

 

 インスタのコメント欄には、激励のメッセージが殺到。とも子さんは感謝の言葉を返信している。その中には、「コメントの返事こまめですね!その様に心の余裕があるとは驚きです。なおかつ、自分を守る文章ばかりで美咲さんに対することが短いですね。ヒロインですか?」と心無い書き込みも。とも子さんはこのコメントに対し、「私のページです。返事を返せるときは返そうと思っています。あなたたちのような方から自分を守らないと美咲をみつけることも守ることもできないので、このメッセージをアップしました」と反論した。

f:id:imp0201:20191013173206j:plain

 ネット上では、誹謗中傷の書き込みを批判した上で、「まともに相手にしない方がいいのでは。こういう人間はどうしようもないので」、「お母さん、気持ちはわかるけど過敏にしない方が良いと思う。DMもあるしコメント欄は閉鎖した方がいいのでは」という指摘もみられた。家族の心身のストレスは想像を絶する。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。情報提供は大月署(電話0554・22・0110)。