【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 母親が「ある被害」告白に、驚きの声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。その中で、美咲ちゃんの母・とも子さんが1日に自身のインスタグラムを更新。美咲ちゃんが失踪事件以降、自宅に面識のない人間が来る嫌がらせを受けていることを明かした。

 

 とも子さんはインスタグラムに綴った文章の中で、「私の当日の知り得る限りの事は警察、マスコミに全て話しています。警察は迷子、事件両方で捜索、捜査してくれています。これ以上何を世間に話したら良いかわかりません。もっと細かくネットで説明したり、当日一緒にキャンプした人がコメントを出したら、ネットニュースで誹謗中傷を書くような人達や嘘ばかりのブログを書く人が探偵になって見付けてくれるのでしょうか?娘を見つけようとしてくれている人が私の家まで何の為に来るのでしょうか?ただの嫌がらせですよね…。ただ興味本意で人を傷つけるコメントをしたり、誹謗中傷するのはやめてほしいです」と訴えた。

 

 家族は先月30日に手掛かりとなる情報を求め、美咲さんの新たな写真を公開した。今年4月に家族と一緒に写真館で撮影した複数枚で、美咲さんは水色の着物や、白地にピンクの花が付いたドレスを着て、ほほ笑んでいる写真だった。ネット上で「日常生活をイメージできる他の写真の方がいい」という声が上がっていたことに言及し、「今回出した写真等も年賀状に使おうと思っていたものなので、出すのも迷っていました。そんな親心がわからない人達に色々言われたくないです。娘が行方不明になるなんて初めてです。正直何をどうしたらいいかわかりませんし、何が正解なのかもわかりません。ただこの世の中の誰よりも美咲の事を大切に思っていて、誰よりも美咲を助けたいと思っています。それは美咲の母親だから」と強調した。

f:id:imp0201:20191026180950j:plain

 ネット上では、「私も同じ年頃の娘がいます。お母さんの気持ちになると胸が張り裂けそうな程、苦しくなる。何か情報をアップする度に、誹謗中傷する方もいる中、どんな想いで投稿をされたか、娘を思う気持ち、分かりますよ。美咲ちゃん、早く見つかりますように」、「家族への誹謗中傷もひどいですが、それ以上に知らない人が家に来ることに驚きました。想像もできない恐怖だと思います。警察に相談したり法的手段を取った方が良いと思います」などの書き込みが。美咲ちゃんの消息が分からず悲しみに暮れる状況が続く中、家族を傷つける行為はいかなる理由があっても許されない。