【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明から半年…美咲ちゃんの「個性的な仕草」とは

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が昨年9月21日に行方不明になってからまもなく半年を迎える。依然として有力な手掛かりはなく警察が事故と事件の両面で捜索を続けている中、母親のとも子さんが17日に自身のツイッターを更新。美咲ちゃんの話すとき、行動について特徴的な仕草を以下のように綴った。

 

2012年5月生まれ。

自分の事を「みー」と呼びます。

話す時に「みーね~。」と言うことが多いです。声は高く可愛い子供らしい声です。

足が早く元気で活発。嬉しい時は跳ねたりスキップをしたり。落ち込んでる時は肩を落とし真顔で歩くような、感情を顔や体全体で表現します。

f:id:imp0201:20200210172530j:plain

 このツイートに、「美咲ちゃんの口癖、行動、ちゃんと記憶しました。外を歩いているときには注意しますね!」、「どこかで元気でいてくれることを願っています。お母さんがこうして情報を時々上げてくださる事がまた思い起こすきっかけになるのは確かです。もう、半年になるのですね」などのリプライが。些細な情報が発見につながる可能性がある。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。情報提供は山梨県警大月署(電話0554・22・0110)。