【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親ブログのコメント欄に、ある警鐘の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、1カ月以上が経過したが、有力な手掛かりがつかめていない。美咲ちゃんの家族に対する風当たりが強い中、ネット上の誹謗中傷の書き込みに警鐘を鳴らすコメントが、母親のブログのコメント欄に綴られた。

 

 以下が全文。

 

言葉にすることなく考えていることや感じていることが相手に伝われば、街中言い争いや乱闘で溢れかえり騒乱状態になってしまうだろう。殆どの人が相手を不快にする言葉を容易に発しないのは本能で自然と争いを避けているからだ。相手を労わって口にしないのではなく、自分の身を守るためにそれをしないことが圧倒的に多いように思う。ところがネットでは自分の身に危険が及ばないことをいいことに、不遇にある人を責め立てる書き込みで溢れている。おそらく根底に疑いの目を持っているから、些細な事も気になって自分の感じたことの正当化を図っているのだろう。どう感じるかは人それぞれだから誰もその感じ方を否定できないが、その感じることを普段は内に秘めて目の前の相手に伝えたりしないから、滞りない日常が送れているわけだ。自分の生活がそれほどに大切なら自分の疑念や価値観の違いを相手に押しつけて、人の気持ちをかき乱したり憂いを与えて生活を困難にする行為というのは人として許されるのだろうか?ネットでも直接言っていないというだけで人を傷つけるという意味では同じ事だ」

 

 Shinというハンドルネームで書き込まれたこの文章に賛同の意見が。「Shinさんの意見に同意。そして何より第三者が出来る事とは行方不明の美咲ちゃんのことを、見つかることを祈るしかない。今日も子供の守護仏 お地蔵さんに美咲ちゃんの事を祈ります。顔の見えないネットの輩の関係者への罵詈雑言はもう聞きたくない。罵詈雑言は事実が正式に判明してからする方がいい。今はただただ産まれてたった七歳の女の子に思いを馳せたいですね」と美咲ちゃんが1日も早く無事に発見されることを祈るメッセージが見られた。

f:id:imp0201:20191011215709j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。