【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 テレビ出演した父親に、「ある疑問」の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってからまもなく3ヶ月半を迎えるが、依然として消息がつかめない。

 

 13日に両親がフジテレビのFNNニュースに出演。美咲ちゃんの写真の前にたくさんのお年玉が置いてある映像が流れ、美咲ちゃんの母・とも子さんは「娘が戻ってきたら、自分の手で開けてもらおうと思って、そのままにしています」、「12月31日だけは、頑張って起きていると言って、初めて一緒に年を起きたまま越せて、ことしもそれを願っていたんですけど、その願いもかなわず、本当につらい年末年始」と胸中を語った。また、父親の雅さんも「毎年お年玉をもらって喜んでいたりとか、楽しい正月を迎えさせてあげることができたのに、それをかなえられてない今の現状が心苦しい」と声を振り絞った。

 

 現場に美咲ちゃんの痕跡がまったく見つからず、遭難事故か連れ去りかも判断できず謎が多い。ネット上では、「不思議なのが一緒にいた仲間や一緒にいた子供達のコメントも一切ない事件。夕方まで子供の当日の写真を一枚も撮らず写真がないなんて。おかしすぎる事件だ。本当に事件なのかな」、「誘拐って、そんな一瞬で出来るもの?いくら山中とは言え近くにはそれなりに人がいたのに誰も不審者を見掛けていないなんてそんな事があるの?不思議すぎるし怖すぎる」など大きな反響が。

 

 また、父親の雅さんが顔を出さずに出演したことについても、「お父さんが顔を出して捜索をお願いしたからといっても直ぐに見つかるとも思えませんが、顔を出して世間に捜索をお願い出来ない理由は子供の生命より大切な事なのでしょうか」、「お父さん、カを出さないことの事情はあると思うけど、お母さんだけが顔を出して批判の矢面に立たされているように感じます。顔を出すことで美咲ちゃんが見つかるかと言ったら違うかもしれないけど、どうしても違和感を覚えてしまう」など視聴者から疑問の声が見られた。

f:id:imp0201:20191231173227j:plain

 子供を愛する親の気持ちはかけがえのないものだ。両親も情報提供を望み、批判覚悟でメディアに出演しているのだろう。美咲ちゃんが1日も早く救出されることを願うばかりだ。情報提供は山梨県警大月署(電話0554・22・0110)