【スポンサーリンク】

山梨小1女児不明 家族のある行為に「なぜ?」と疑問の声が 

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が9月21日に行方不明になってから2カ月以上が経過したが、依然として消息がつかめない。家族は30日、手掛かりとなる情報を求め、美咲さんの新たな写真を公開したが、ネット上では「他の写真の方がいい」という声が上がっている。

 

 美咲ちゃんは9月21日午後3時40分ごろに子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。さらにその10分後の午後4時ごろに、美咲ちゃんがいないことに気付き、付近の捜索を始めたが見つからなかったという。山梨県警は10月6日に捜索を打ち切り、行方不明者として全国に手配する一方、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査を続けている。

 

家 族が新たにメディアに公開した写真は今年4月に家族と一緒に写真館で撮影した複数枚。美咲さんは水色の着物や、白地にピンクの花が付いたドレスを着て、ほほ笑んでいる。ネット上では、「見つからないのは本当に気の毒なのだが…お母さんが何故この写真を選んだのだろう。普段と違うからあまり参考にならないと思うんだけどな…この間も七五三の家族写真を父と姉の顔だけモザイクかけて公開していたがそれなら違う写真の方がいいと思う。今までお姉さんがどのくらい歳が離れているのか分からなかったけど、写真から意外と大きくてきっと歳が離れているんだろうなと感じたし。申し訳ないけど炎上させてしまう何かがあるんだよな」、「この写真はあんまり意味がなさそうだけど。他人が見ても、普段の美咲ちゃんとは雰囲気が違う」、「個人的にはなんでこの写真を選択したのかわからない。もっと日常的な格好の方が見た人もピンと来るんじゃないだろうか?」などの書き込みが。一方で、「家族は藁にもすがる思いで写真を出している。意味がなさそうとか言うべきじゃないでしょ」と擁護のコメントが見られた。

f:id:imp0201:20191117095259j:plain

 また、「ここまで見つからないとなると、むしろ最近立て続けに起きている、勘違い男がきちんと面倒見てやっている案件であってほしいね」、「このところ連れ去り、監禁事件が多発しているからその可能性もある。一日も早く見つかる事を願うばかりです」などの意見も。美咲ちゃんが1日も早く無事に見つかることを祈るばかりだ。