【スポンサーリンク】

小1女児不明 事件解決へ「ある希望」の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になった件から1カ月以上経った現在も、状況に進展はない。

 

 美咲ちゃんは先月21日に母のとも子さんや姉、知人らとキャンプ場を訪れたが、午後3時40分ごろに小川へ先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。県警、消防団、陸上自衛隊など約1700人が大規模捜索を行ったが発見できず、今月6日に捜索が打ち切られた。その後もボランティア団体が捜索を行っていたが、台風19号で甚大な被害を受け、土砂崩れの危険性が高まったことから活動が困難な状況になっている。

 

 ネット上では、事件が風化しないようにという思いも込められて心配の書き込みが多い。中にはキャンプ場に向かった人のコメントも。「道志村へ行ってきました。通行止めだった。美咲ちゃん…そろそろ出てきてほしい。他人の私でも居ても立っても居られないのに。親ならどんなに辛いか…」と両親の辛い胸中を察する文章も見られた。また、「即位の儀式が終わった。成田空港?も要人が帰ればいつもに戻る。警察やテレビ、動き出すかも知れない」と即位礼正殿の儀を終えて、海外の要人が帰国する中で、捜査を続けている警察やマスコミから新たな発表が出ることに希望を持つ声もあった。美咲ちゃんが無事に生きていることを祈り、1日でも早い発見を願うばかりだ。

f:id:imp0201:20191025103911j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。