【スポンサーリンク】

小1女児不明 母親に対するバッシングに「人間ではない」と怒りの声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になり、まもなく1カ月を迎える。

 

 遭難事故や連れ去り、誘拐事件の可能性があるとみて捜査を進めているが、有力な手掛かりはつかめていない。家族は情報提供を求め、美咲ちゃんに関するチラシ約4万枚を作成。母・とも子さんの友人である「有限会社ワンクスクリエイション 森たぐい代表取締役」が代表として、捜査を続ける活動費、美咲ちゃんが見つかってからの治療費などを使用用途とする募金口座を開設した。

 

 SNS上では美咲ちゃんの母親・とも子さんへの風当たりが強い。「インタビューとか見ても違和感しかない。愛娘がいなくなって本当に悲しんでいるのか…全然伝わってこない」、「テレビに出た時に髪の色が違ってびっくりした。この状況で美容院に行く神経がわからない」、「募金より懸賞金でしょう。しかも募金の内容も理解に苦しむし。美咲ちゃんは1日でも早く無事に救出してほしいけど、お母さんについては共感できない行動が多すぎる」など批判の声が目立つ。

 

 そして、これらのネット上の書き込みに怒りの反論が。「みんなさ、小倉美咲ちゃんの事で詐欺だの、こんな時に、美容室に行くのがあり得ないだのなんだの悪口言いまくっているけど、言いたいなら、直接、お母さんに言ったら⁉言えないんなら、わざわざ、SNSで、文句言うなよ。そんな奴等に募金お願いしてないんだから」、「我が子がいなくなって悲しんでいる人間をこうも貶めるような事が出来る人間がいるのか。いや、人間ではないか。ま、ゴミは放っといて、見つかってほしい」などツイートが見られた。

f:id:imp0201:20191019211253j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたという。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。