【スポンサーリンク】

小1女児不明で両親会見 ネット上では「犯人」にメッセージが殺到

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が今月21日に行方不明になってから10日が経った。30日の午後に両親が記者会見を開き、涙ながらに情報提供を訴えた。


 母親のとも子さんは「おやつを食べて、友達を追いかけていった。あの時にちゃんと一緒にいればと、悔やんでも、悔やんでも、悔やんでも、悔みきれないほど後悔しています」、「娘と同じ気持ちでと思い、同じ服装で外にいましたが、暗くて、寒くて、とても怖いだろうなと思うと涙がと止まりませんでした。そんな気持ちをさせてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです」「早く抱きしめてあげたいです」など悲痛な思いを吐露した。また、父・雅さんも「かわいそうで、かわいそうで胸がはりさけそうです」「早く見つけて、会いたいです。とにかく抱きしめてあげたいです」と声を詰まらせた。

 

 遭難事故だけでなく、連れ去りや誘拐事件の可能性もある。ネット上では「犯人がいたらお願いだから美咲ちゃんを返してください。自首すれば減刑されます。お願いだから思い直してください」、「美咲ちゃんをさらった人がいるならそっと街中に立たせてほしい。お願いだから危害を加えないで。まだ小学校1年生のかわいい子供がこんな目に遭うのは耐えられない。両親に抱きしめさせてあげてください」など「犯人」に訴えるメッセージが殺到している。事件と断定されたわけではないが、「遭難なら生存している可能性が厳しくなるが、誘拐なら希望がある」という心理的背景あるのだろう。

f:id:imp0201:20190930184018j:plain

 美咲ちゃんは身長125センチ。行方不明になった時は黒い長袖シャツに青いジーンズ、緑の靴を履いていたいう。山梨県警では家族から提供を受けた写真を公開。情報提供は大月署(0554-22-0110)。美咲ちゃんの無事を祈るばかりだ。