【スポンサーリンク】

山梨小2女児不明から1年 母親が訴えた「ある異変」とは

 昨年9月21日に千葉県成田市の小学2年、小倉美咲さん(8)が道志村のキャンプ場で行方不明になってから1年となった21日、山梨県警が朝からキャンプ場周辺での捜索を実施。県警による大規模な捜索は約4カ月ぶりとなったが、新たな手掛かりは得られなかった。

 

  メディア報道によると、午前10時半から始まった捜索では県警大月署員や機動隊員ら約35人が参加。午後からは、道志川下流の道志ダム(相模原市緑区)の水位を下げて捜索するほか、キャンプ場利用者らへの聞き込みを行ったという。美咲さんの母とも子さん、父雅さんも村内の道の駅などで情報提供を求めるチラシを配布した。

 

 とも子さんは24日早朝に自身のインスタグラムを更新。以下のように綴った。

 

この写真は3年前に旅行する時に撮った写真です。

 

また家族揃って笑顔でお出掛けしたい。

 

この一年の間、人間だけでなく、犬も美咲のいないストレスで脱毛したり、入院したりしました。

 

家族皆で美咲の事を心配し、美咲の帰りを待っています。

 

皆様や美咲が台風の被害に合わないように祈ってます

 

f:id:imp0201:20200924104632j:plain

とも子さんがツイッターで投稿した美咲さんと愛犬の写真

 コメント欄には「ワンちゃんまで、ストレスで?ワンちゃんにとっても、美咲ちゃんは大好きな大切な家族だから。また4人と、ワンちゃんで、仲良く暮らせる日が来ますよ。美咲ちゃんも、とも子さんも、応援している人達も、台風サイクロンの被害が有りませんように。とも子さん、もうちょっと信じて待ちましょう」という書き込みが。美咲さんが1日も早く無事に保護されることを祈るばかりだ。情報提供は山梨県警大月署 0554(22)0110まで。