【スポンサーリンク】

7歳女児が行方不明になって4日目…顔写真公開に賛否両論の声が

 山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の女児(7)が行方不明になってから、24日で4日目の捜索となる。

 

 女児は21日、家族や友人などおよそ30人でキャンプ場を訪れた。しかし、午後3時半ごろ、先に遊びに行った子どもたちを1人で追いかけたのを最後に行方がわからなくなっている。23日は警察に加えて機動隊も投入。午前6時から約70人態勢でキャンプ場近くの林道や川の周辺などを捜索したが、女児の行方は見つからず。日没のため午後5時に捜索を打ち切った。

f:id:imp0201:20190924051033j:plain

 ネット上では、「どうして顔写真が公開されないのでしょうか?誘拐されていた場合は発見の鍵になると思うのですが」、「遭難だけでなく連れ去りの可能性もある。名前と写真を公表した方がよいのでは。命を救うことを最優先にできることはした方がいい」と実名や顔写真の公開を望む声が多い。一方で、「怪我をして動けなくなったりしている可能性もあるのですよね。連れ去りも考えたらば氏名や写真も必要だけどそうでなかった場合のネットタトゥーでこの子の人生に色々と支障出るからそう簡単には出来ないのでしょうね」という書き込みも。心身ともに限界に近付いている。一刻も早く女児が救出されることを祈るばかりだ。