【スポンサーリンク】

長男殺害の父親に、ネット上では「寛大な措置」求める声が 

 東京都練馬区の自宅で長男の英一郎さん(当時44歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の論告求刑公判が13日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。

 

 検察側の冒頭陳述などによると、1人暮らしをしていた英一郎さんは5月25日から熊沢被告と妻と同居を始めた。熊沢被告は翌26日、同居前に住んでいた家のごみ処理を話題にしたことに立腹した英一郎さんに暴力を振るわれ、殺害した。熊沢被告は妻宛てに「他に方法がないと思っている。どこかで死に場所を探します。英一郎も散骨してください」などとつづった手紙を書き置いていたという。また、インターネットで「殺人罪」「量刑相場」などと検索したことも指摘した。

 

 弁護側は、英一郎さんが事件当日に「殺すぞ」と言ったと主張。「被告は5月26日の暴行を思い出し、とっさに事件に及んだ。発達障害だった長男を必死に支えてきた」と情状酌量を求めた。

 

 「Yahoo!ニュース」のコメント欄には、熊沢被告に寛大な措置を望むコメントが目立つ。「この方、傷つけるのは誰でもよかったといって通り魔的に犯罪を犯したやつと比べれば、再犯を犯すようなことはないのではないだろうか。人を殺してしまったことへの罰ということで、前科がついたとしてもそういうことではなくこの方は罰を十分に受けているように思う。検察と裁判官とでは立場の違いによるものがあるでしょうから、寛大なる判決があればと思ってしまいます」、「情状酌量の余地があると思う。殺人を是認する気はないが父親が殺害しなかったら殺されていたかももしくは他人に危害を加えていたかもしれない。何にせよエリート官僚を務める裏で家庭的には最悪な状態だったと思う。実刑は免れないとしても寛大な判決を望みたい」、「8年は重すぎる。検察もそれが仕事であり過去の例から、そうせざるを得ないのかもしれないが、8年求刑しちゃったら裁判所が執行猶予を出し難くなるんじゃないかな。個人的には懲役3年執行猶予5年位が妥当だと思う」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20191213114306j:plain

 一方で、「同情的な意見が多いのに賛成だが、インターネットで「殺人罪」「量刑相場」などを調べてたことを裏を返せば自己保身的で逃げているような感じがしないでもない。でもいつまで続くか分からない苦しみを思うと執行猶予が相当と思う」という違った見方も。判決は16日に言い渡される。