【スポンサーリンク】

73歳女性が双子出産 「子供がかわいそう」に反論の声が

 米国のニュースチャンネル・CNNの報道によると、インド南部アンドラプラデシュ州に住む73歳女性が双子の女児を出産したという。


 この女性は農業を営むマンガヤマ・ヤラマティさん。体外受精を経て、帝王切開によって出産した。今月5日に切開手術を行い、母子とも健康だという。ヤラマティさんは80歳になる夫のE・ラジャ・ラオさんと1962年に結婚。ただ、子宝には恵まれず、昨年から体外受精による不妊治療を始めていた。

 73歳の女性が双子を出産するという驚きのニュースだが、ネット上では子供の将来を考えて批判的な意見が目立つ。「無事に産まれたことに対しては、おめでとうと祝福したいけど、なんとなく無責任な気もする。ちゃんと子供が独立するまで育てられるのだろうか…」、「人それぞれだとは思う。でも子どもをどれだけ望んでも授からなかったとしても、金銭的にも相当余裕があったとしても、私なら同じことはしないかな。親が一番そばにいなきゃいけない時に、この世にいない可能性の方が高いなんて、子どもがかわいそうだと思うのから」、「医学の進歩に罪を感じる。子宝に恵まれなかった親はいくつになっても子を持ちたいという願望を捨てられないのかもしれないが、生まれた子を責任持って育てることができなければその子は不幸になる確率が高くなる。親は死んでも生まれた子の人生は続いていくことを忘れないでほしい!」などの書き込みが見られた。

f:id:imp0201:20190908120142j:plain

 このような批判に対して反論の声が。「親が高齢ということでお子さんが小さくして亡くなってしまうかもしれない。双子ということなので助け合って行けるのはまだ救いだと思う。健康にすくすくと育ってほしいですね️。色々な意見があるのは当然だけど、幸せかどうかは周りが決めることではない、本人たちが決めることだと思います」、「勝手に周りがいらぬ心配をする必要はない。医療の進歩や文化の発展で叶わなかったことがあきらめなくてすむならいいことだと思う」と出産を祝福するコメントも少なくなかった。