【スポンサーリンク】

頭蓋骨骨折の重傷 女子大生をひき逃げした男の「衝撃的な供述」とは

 女子大生を車ではねてそのまま逃走したとして、新潟県警秋葉署などは16日に新潟市秋葉区新保、無職の男(65)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は15日午前8時頃、同区朝日の県道で乗用車を運転中、横断歩道を渡っていた女子大学生(18)をはね、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせて逃走した疑い。男は同日夕に警察に出頭した。

f:id:imp0201:20191018065320j:plain

 ネット上で怒りの声が上がったのは、男が「人をはねたが、私用があったので立ち去ってしまった」と警察の取り調べに供述したことだった。「怪我人より大事と抜かす、クソみたいな私用とやらを公開してほしい」、「人の命よりも私用を優先?状況判断力がないようですね。ひき逃げと悪質なので、極刑でお願いします」、「頭蓋骨骨折ってかなり重傷だよ。後遺症が残ったら大変な事に!爺さん自分に孫がいたら轢いたのと同じくらいの年齢。私用があったら轢き逃げしていい理由にはならない!」、「ある意味衝撃的。思考回路がおかしい。ひき逃げより優先される私用ってあるの?」など批判の書き込みが殺到。いかなる事情があってもひき逃げを放置することは許されない。