【スポンサーリンク】

なぜ?水着女性を隠し撮りの疑いで公務員逮捕に疑問の声が 

 鎌倉署は4日、自称・千葉市美浜区、千葉県企業局土地分譲課職員の男(56)が水着姿の女性をスマートフォンで隠し撮りしたとして県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで現行犯逮捕した。


 メディア報道によると、男は同日午後0時20分ごろに鎌倉市由比ガ浜4丁目の路上で、水着姿で歩いていた歯科衛生士の女性(31)とアルバイトの女性(30)を所持していたスマートフォンで動画撮影したという。女性の知人の男子学生(21)が不審に思い、男を問いただしたところ逃走。男子学生に取り押さえられた。男は容疑を認めているという。

 

 ネット上では、この事件が逮捕事案になったことに疑問の声が多い。「黙って撮る件に関しての法律の細かい点はともかく、水着と下着の盗撮が同じとは私には思えないなあ。だって水着は見せている物だから。隠し撮りキモイのは確かだけど、街中で見かけた変な人をこっそり撮っていても事件にもならないのに、水着の隠し撮りはニュースか。なんだかなあ」、「じゃあサンバの踊り子撮ったら逮捕されるの?って感じ‥。水着で路上歩いていたら逆に露出だろ。これで逮捕は意味わからな過ぎ」、「これで逮捕は違和感あるな。もし起訴までされたら驚きだ。水着と下着は違うでしょ。では水着で公道を歩いていたら公然わいせつになるの? どういう撮影をしていたのかわからないが立件できるんですかね?」など県迷惑行為防止条例違反で摘発することに違和感を指摘する書き込みが多かった。

f:id:imp0201:20190805165529j:plain

写真と記事は無関係です

 一方で、「堂々と風景を撮っていれば良かったのに、水着女性だけ集中して盗撮していたらそりゃあ捕まるよ。過去にも海水浴場で似たような案件が沢山ある」、「水着とか下着とかそういう問題でなく盗撮して撮ったのが問題だから」と逮捕は正当であるという主張もみられた。