【スポンサーリンク】

結婚前提の交際男性から12万円だまし取る 逮捕された女の「顔写真」に反響が

 結婚を前提に交際していた男性から12万円をだまし取ったとして、埼玉県春日部市梅田2丁目、介護士の女(55)が詐欺の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、女は17年12月5日ごろから翌18年1月21日ごろまでの間、当時交際していた交際相手の50代の会社員男性に、「引っ越したいのでお金を貸してほしい」「火災保険の代金を貸してもらえないか」などとうそを言い、計12万8千円を自身の口座に振り込ませてだまし取った疑い。女と男性は17年10月ごろ、婚活サイトで知り合い、結婚を前提に交際していた。男性は何度も返済を求めたが連絡が取れなくなったため、昨年6月28日、浦和署に被害を届け出たという。同署は女に関して、別の男性から同様の相談を受けており関連を調べているという。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 ネット上では、「こんな悪質な女の名前も写真もなぜ秘匿するのか?プライバシー保護では再発するだけですが」、「12万円という金額も絶妙なところを突く。これぐらいだったら泣き寝入りしている被害者も多いと思う。名前と顔写真を出すべきでしょう」などのコメントが。また、「そもそも借してくれと言う人間を信用しない。まともな人間は必要ならば公的な所から借りるはず。公的な所から借りれないなんてそれこそ信用ならない人間」という指摘も見られた。