【スポンサーリンク】

なぜ?小6男児にラリアットの暴行容疑で逮捕された男に、「同情の声」が

 小学6年生の男児の顔を殴ったとして、尼崎市の無職の男(55)が暴行の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、男は9月23日午後4時50分ごろ、同市潮江1の地下道の出入り口付近で、小学6年生の男児(11)の顔を拳で殴る暴行を加えた疑い。「暴行を加えたことは間違いないが、殴ったのではなく、ラリアットをした(腕で当てた)」と供述しているという。男児は友人2人と自転車に乗りながら「はげ、はげ、はげは嫌い」などと歌ったことに、男は腹を立てて男児に暴行を加えたという。

f:id:imp0201:20200811202758j:plain

 ネット上では、「殴る理由になっていない。子供たちが男に向けて言ったのかもわからないのに」、「いい年した男が子供にラリアットって…しかも禿を馬鹿にされたからって情けなくないの?」などのコメントが。一方で、「子供たちがこの男を馬鹿にしてハゲと言ったなら一方的な被害者と言えないな。男も感情的になってしまったのだろう。ケガをさせていないし、同情の余地はある」、「逮捕されたおっさんが悪いけど、子供も馬鹿にしたなら親の教育が必要だね。このご時世だからもっと危ない目に遭ってもおかしくない」という指摘も見られた。