【スポンサーリンク】

なぜ?7歳男児が車にはねられて心肺停止で、逮捕された女に「同情の声」が

 6日午後5時40分ごろ、札幌清田区清田9条3丁目の市道交差点で、道路を横断していた近くに住む木村将久くん(7)が走ってきた軽乗用車にはねられた。木村くんは心肺停止の状態で病院に救急搬送され、手当てを受けている。この事故で軽乗用車を運転していた大高真美容疑者(52)が過失運転致傷の現行犯で逮捕された。現場は信号機のない交差点だったという。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 ネット上では、「車を乗ったら責任もった運転を背負っている事を絶対忘れてはダメです」、「無駄にスピード出している軽のオバさんは多い。一時停止すらしない輩もいる、氷山の一角でしょ?」などのコメントが。一方で、「信号機や横断歩道のない交差点での飛び出し(人(子ども)や自転車)の場合、過失が車側だけにあるのには納得できない。場合によっては人や自転車側の過失割合を多くしてほしい。そうなれば多少なりとも人や自転車も気をつけるような気がする」、「現場の状況が分からないから何とも言えないけど、急に飛び出して来たら車も事故を防ぎきれない」など逮捕された大高容疑者に同情的な意見も見られた。