【スポンサーリンク】

猫虐待の男に求刑より重い判決 賛否両論の声が

 他人の飼い猫に虐待を加えて死なせたとして、器物損壊と動物愛護法 違反の罪に問われた富山市布目、無職新村健治被告(52)の判決で、富山地裁高岡支部は17日、懲役8カ月、執行猶予4年(求刑・懲役6カ月)を言い渡した。

 判決によると、新村被告は5月19日に射水市の路上で飼い猫1匹を持ち去り、同23日ごろまで自宅浴室で腹を棒で突くなどの虐待を加えて殺した。富山県警が6月、同じ猫の窃盗容疑で新村被告を逮捕。7月に富山地検が器物損壊と動物愛護法違反の罪に切り替え、起訴していた。

 

 梅沢利昭裁判官は求刑より重い判決を言い渡した理由について、「(検察側は)判例などから量刑を考えたと思うが、最近の動物愛護意識の高まりを考えると軽いと言わざるを得ない」と指摘した。

f:id:imp0201:20190914150602j:plain

 この判決に、ネット上では賛否両論の声が上がっている。「求刑を上回ったと知って、どれ程かと期待したら…なんだ,全然ダメダメじゃん。大勢が家族を誘拐殺人されたんだぞ!例え動物とは言えど、(懲役)5年以上であるべき事件だと思うがな」、「もっと重い判決は無理なんでしょうか。昔に作った法律ではなく、今はペットではなく家族として大切にしている人が多いです。人間に対しても軽い判決だと思うこともたくさんあるけど、動物が被害になった事件に対しても人間と同等の判決にして欲しいです」とさらに厳しい処罰を求める声が。

 

 ただ、この判決を評価する意見の方が多い。「まだまだ軽すぎるが、一歩前進した判決をくだした裁判官に感謝と敬意。虐待に、情状酌量や前例に照らし合わせる判決しか出さない司法に期待もしていなかったが、このような裁判官もいる事に少し安堵。今後も、厳しい判決が出るように!更なる厳しい愛護法を!」、「甘い判断との指摘もあるが、今までの判例を基本として量刑を決めていた裁判官に比べたら大きな進展では無いだろうか。全てが過去の判例を基本とする裁判にはうんざりしていたが少しは先が見えてきた気がする」などの書き込みが。様々な主張がある中、動物愛護法の処罰を厳しくする法改正を望む声が目立った。