【スポンサーリンク】

妊婦の腹を蹴った51歳男を逮捕 「驚きの犯行動機」に厳罰求める声が殺到

 札幌市中央区の歩道で妊婦の腹を蹴ったとして、近くに住む金子芳幸容疑者(51)が暴行の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 金子容疑者は4月、札幌市中央区の歩道で7歳と5歳の子どもと手をつないで歩いていた20代女性に対し、道をふさいでいるとして声をかけ、その後女性の腹を蹴ったという。女性は当時妊娠7か月だったが、けがはなかった。金子容疑者は犯行後に逃走していたが、防犯カメラの映像などから23日に逮捕された。警察の取り調べに、「言い返されたので蹴った」と容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20200530102751j:plain

 ネット上では、「私は40代男なので年齢・性別は加害者に近い立場だけど、まず邪魔だと思っても口には出さないし、子供ふたりも連れて歩いてくるひとが来たら、可能な限り譲るわ。異常者なんだろうけど、妊婦の腹を蹴るのは殺人未遂だと思う」、「自分が相手の嫌がることするから起こることなのに、ちょっとでも相手から反撃や攻撃されると被害妄想広膨らませて激昂する人結構いるよね。何故か常に自分は被害者、正しいと思ってる。そういうのは総じて頭のよろしくない人だから個人の力ではどうしようもないし、相手にしないけどね。この男はあり得ないので殺人未遂で逮捕してください」など殺人未遂の適用を求める声が。

 

 一方で、「腹を(特に妊婦の)けってはいけない!しかし、無神経で傍若無人なママたちが多いのも事実。今回の詳細状況がわからないのでなんともですし、暴力は絶対にいけないですが、ママたちも自分や子どもを守るためには、もう少し周りに気を使ったり、気にしたりする必要もあると思います。子連れや、子どもなら何でも、誰でも許してくれるとでも思い込んでる人が本当に多いので。気をつけましょう」という意見も見られた。