【スポンサーリンク】

差し入れのアイス食べた生徒の背骨折る 逮捕の中学教諭の「名前」に驚きの声が

 中学校の部活中、部員の男子生徒2人に体罰を加えてけがを負わせたとして、兵庫県警宝塚署は12日、同県宝塚市立長尾中学校教諭、上野宝博容疑者(50)を傷害の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、上野容疑者は9月25日午後4時半ごろから約30分にわたり、同校の道場で、顧問を務める柔道部の1年生男子部員2人に対し、投げ技をかけて両頬を数回殴ったり、寝技をしつこくかけたりしてけがを負わせた疑い。12歳の生徒は背骨を折り全治約3カ月の重傷で、13歳の生徒は首に軽いけがを負った。調べに対し、「おおむね間違いありません」と容疑を認めている。道場にある冷蔵庫で保管していたアイスクリームがなくなっていたことから、上野容疑者が部員を対象に聞き取りをした結果、2人が食べたことを認めたため、暴行を加えたという。

 

 ネット上では「バカじゃないの、50にもなって。子どもに威張りちらして、さぞ気分良かったんだろう。まだ12、13の子を背骨折るまで暴行って普通に異常やろ」、「差し入れのアイスを食べたことがいけないからって。生徒に骨折させるほどの重傷を負わせるなんてもうとんでもない。顧問という名の元において暴力は絶対にいけない。身体も心も大きく傷ついていると思います」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20200929071418j:plain

 また、「逮捕された男の名前が…宝って親は大事に育てようという思いでつけただろうに」、「立派な名前もらっているのに、生徒にアイス食われて骨折させるとかアホすぎる」などのコメントも見られた。