【スポンサーリンク】

4歳女児が水死、母の交際相手を暴行容疑で逮捕 報道に疑問の声が

 同居する交際相手の長女の4歳女児に暴行したとして、鹿児島県警は31日、同県出水市明神町、建設作業員の男(21)を暴行の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道の警察発表によると、男は8月27日午後7時半~同8時頃、自宅で大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)の頭を手で殴った疑い。男は容疑を認めているという。璃愛来ちゃんは28日夜、男に同市内の病院に連れてこられたが死亡が確認された。死因は水死だった。病院から29日午前0時過ぎ、「風呂場で溺れたという女児が死亡した」と県警に通報があり、暴行を受けたような痕が複数あったという。


 璃愛来ちゃんが虐待されていたことについては、以前から懸念の声が上がっていた。今年3月18日に「虐待されているような女児の動画がネットに投稿されている」と通報が。3月下旬~4月上旬には同市で「夜間に児童が1人で外にいる」との通報が4回あった。いずれも璃愛来ちゃんで、警察が保護して20歳代の母親に引き渡し、このうち2回はネグレクト(育児放棄)の疑いで児童相談所に通告した。

f:id:imp0201:20190901123746j:plain

 ネット上では、命を落とした璃愛来ちゃんのご冥福を祈る思い、逮捕された男の厳罰を求める書き込みが多い。また、報道でスタンスに疑問の声も。「被害者の名前が公表され、加害者の名前が公表されていないのはおかしいでしょ。報道スタンスに疑問を感じる」、「なんで犯人が匿名?通院歴があったとか?こんな残虐な事件を起こして責任能力がないとかは言わせない。絶対許せないし、名前を公表するべき」など逮捕された男の実名公表を求める意見が目立った。