【スポンサーリンク】

電車内で女子中学生の胸触って逮捕 47歳男の供述に怒りの声が殺到 

 JR東海道線の列車内で、女子中学生の胸をさわったとして滋賀県の自称・派遣社員、鷹取毅容疑者(47)が強制わいせつの疑いで逮捕された。メディア報道によると、鷹取容疑者は16日午後5時ごろ、JR東海道線の車内に乗っていた女子中学生(14)を腕で押さえつけ、無理やり胸をさわったという。女子中学生と一緒に電車に乗っていた家族が鷹取容疑者をJR垂井駅で下車させ、駅員からの通報で駆けつけた警察官が逮捕したという。

 

 怒りの声が上がっているのは、鷹取容疑者の供述だった。警察の取り調べに対し、「さわったりはしてない」と容疑を否認しているが、「手の甲が当たったかもしれない」とも話したという。ネット上では、「怒りがこみ上げてきますね! 手の甲が? 意味がわからない」、「被害者家族に取り押さえられているのに、『手の甲があたったかも』などと冤罪演技を堂々とできる痴漢犯罪者。初犯ではないだろう。これからもやめないだろう。刑罰が軽すぎるからなのではないだろうか」など厳罰を求める声が多かった。

f:id:imp0201:20190818112339j:plain

 また、男が容疑を否認していることに、「こんなことになるからドライブレコーダー付けて電車に乗らないとダメよ。やってない証拠は自分で証明しないと」と指摘する書き込みも見られた。