【スポンサーリンク】

東京都で新たに47人コロナ感染  40人超えは先月5日以来に「ある疑惑」の声が

 新型コロナウイルスの感染者は13日、東京都で新たに47人が確認された。各メディアが報じた。40人を超えたのは、57人だった先月5日以来となる。都内の感染者は計5497人1日当たりの感染者数が20人を超えたのは3日連続となった。

 

 ネット上では、「東京都民もバカじゃないから、Social Distanceやマスク等の最低限の予防はしてるはずでしょう。それでも収束しないのはなぜ? もし感染したものを触ったとしても目鼻口を直接触らなければ接触感染もそう簡単にはしないはず。規制も大分緩くなっているので感染経路の特定も多分難しいでしょう。本当に東京都民の方は、日々大変な心労だと思います」、「今日判明した分は、6月第一週後半頃に感染した分でしょう。6月第二週以降は、さらに電車が混雑していた。これで終わりではない」など大きな反響が。

f:id:imp0201:20200529171345j:plain

 また、「都知事選の為に、情報を操作していたのか?オリンピック延期が決まった途端に感染者の数が増えた情報と酷似。明日からはもっと増えても驚きはしない。国も東京も録に助けてくれないから、自分で予防するしかない」、という指摘も。「解除は時期早尚だったのではありませんか。いま、中東、欧米、中国、東南アジア、アフリカなど世界中から外国人がどんどん成田や関空に押し寄せてきています。ニュースではなぜか取り上げられません。空港ではパキスタン人など外国人の陽性が連日報道されています。この急増は、解除とステップ3移行、入国者の急増が相まって、新たな市中感染が始まっているサインではないでしょうか。第二波、第三波が起きるたびに、新たな犠牲者、失業が生み出されます。今朝もテレビで、入国緩和すると、感染者が10人入国すると98パーセント以上の確率で大規模な流行の発生につながると専門家が話していました。まだ入国制限を緩和してはいけないと思います。世界はまだまだやばいです。まだコロナは本当の恐ろしさを見せていないと思います」と警鐘を鳴らすコメントも少なくなかった。