【スポンサーリンク】

17歳娘と性交した父の裁判判決に、「日本の法律は終わってる」と批判殺到

 実の娘(当時17歳)と性交したとして、監護者性交等罪で起訴された三重県名張市の男(45)の判決が24日、津地裁であった。平手一男裁判長は「甚だ非常識で卑劣」として懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。判決によると、男は8月20日、自宅で同居する娘と性交したという。男は3年ほど前から酒に酔うと性的行為を繰り返していた。妻が眠っている隣で就寝中だった娘と性交をしていたという。

 

 Yahoo!ジャパンのコメント欄には、この判決に批判の書き込みが殺到。「酷すぎる。娘の心の傷は6年なんて期間じゃ癒されることはない。被害者は一生苦しまないといけないのに」、「6年。たったの6年。最近の裁判の判決って一般市民の心情とかけ離れた判決、量刑が多い気がする。この、犯人も絶対反省なんてしてないよたったの6年で被害者の心身は救われるとでも?一生残るよ。それが6年って、本当にやりきれない」、「軽いとしかいいようがない。未成年の自分の娘に無理矢理って、人間として終わってる。これを6年で終わらせる日本の法律も終わってると思う」など量刑が軽すぎるという意見が目立った。

f:id:imp0201:20191225113946j:plain

 また、「こんなヤツがいるから、連れ子と仲がいい俺達が変に疑われる。親子でどれだけ嫌な思いをしているか。頼むから極刑にしてくれ」、「甘い。甘すぎる。性犯罪に関しては女性裁判官に担当していただきたい。女性目線での判決をお願いしたい。正直、私が本人なら父親を殺すかもしれません。それほどの重罪だと思います」などの主張も見られた。この事件に限らず、性犯罪についての裁判の量刑には批判的な声が多い。司法はどう受け止めるだろうか。