【スポンサーリンク】

14歳少女を誘拐容疑で逮捕  犯人の言動に、「異常な神経」の声が

 SNSを通じて知り合った愛知県内の少女(14)を自宅に住まわせたとして、愛知県警豊橋署は29日、東京都八王子市明神町1丁目の会社員、小林政司容疑者(43)を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。少女の祖母が22日に豊橋署に行方不明者届を提出。27日に捜査員が八王子市内の路上で少女を発見した。少女にけがなどはなかったという。

 

 メディア報道によると、小林容疑者は今月23~26日、八王子市内の自宅に住まわせ、誘拐した疑う。ツイッターに「部屋を貸してくれる人、いませんか」と投稿していた少女と連絡を取り、「のんびりしてください」「ワンルームマンションなのでベッドひとつなんです。なので、一緒に寝ることになりますが大丈夫ですか」などとメッセージを送信したとみられる。警察の取り調べに対し、「14歳とは知らなかった。支配下には置いていない」などと供述し、容疑を否認しているという。

 

 ネット上では、「40代にもなって、こういうことをしたら罪になる。ってわからないかな?『ワンルームマンションだから、ベッド一つ。一緒に寝ることになるけど大丈夫かな?』って質問する異常な神経。また、それを受け入れてしまった女の子。家庭に不満があったとしても、貴女を守ってくれるのは家族だよ。それにら自分の身体を守るのは自分自身。安易に知らない男性(人)についていかないで欲しい」、「14歳とは知らなかったって…呆れますね。そりゃ正確な年齢こそ分からなかったかもしれないけど、14歳の子なら未成年の少女にしか見えないはず。犯人が悪いのは明らかですが、この女の子も家庭にどんな事情があったんだろうと思います。本当にSNSは使い方ひとつで道を誤る。対策を練らないと、この手の事件は増える一方だと思う」などのコメントが。

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 また、「まあ、男に問題があるわけだけど、それ以上に見ず知らずの他人を頼るほど家庭環境、学校、友人関係がよろしくない子供が多いのが問題。たとえDVを受けている子供でも親に無断でかくまえばそれは誘拐になる。どこか駆け込み寺じゃないけど子供がすがることが出来る施設が必要なのではないだろうか」、「子を持つ親としては犯人だけの問題でもなくなってきているのかなと心配。歩いていて拐われたとかなら犯人の問題やけど、SNSで繋がって知らない人と会える世界にもなり、会ってしまう子供が増えているんだなと。子供もそうやけど、親も躾もそうやけど、悩みをちゃんと聞いてあげるとかそれぞれに問題点はありそう」と再発防止策の提言もみられた。今後も同様の事件が相次いで発覚する可能性がある。未成年がSNSで見知らぬ人間と出会える状況を考えなければいけないだろう。