【スポンサーリンク】

漫画喫茶に放火の40歳男逮捕 呆れた犯行動機に怒りの声が殺到

 東京都新宿区の漫画喫茶の個室に放火した疑いで、無職の原子真一容疑者(40)が逮捕された事件で、警察の取り調べに対しての供述に怒りの声が殺到している。

 

 原子容疑者は16日午前11時ごろ、新宿区の漫画喫茶の個室でトイレットペーパーや雑誌に火をつけ、部屋を燃やしたという。当時店内には店員や客が少なくとも10人以上いたが、けが人はいなかった。原子容疑者は1時間後、「漫画喫茶に火をつけた」と、近くの交番に出頭した。

f:id:imp0201:20190918113048j:plain

 警視庁の調べに対し、「人を刺すか火をつけるか考えたが、火をつける方が簡単だった。今の生活に疲れた」と供述。ネット上では、「無職で、疲れたとは?働いて、疲れてくれよ。頼むから、無関係な回りを巻き込む様な事はしないでくれ」、「非難を覚悟で…生活に疲れているのはあんただけじゃない。他人を巻き込むな。逝くなら一人で逝って欲しい」など身勝手な犯行動機に怒りの声が多かった。