【スポンサーリンク】

3歳児が電車にはねられ死亡 親への批判に反論の声も

 28日午前11時10分ごろ、静岡市清水区由比西倉沢のJR東海道線由比―興津間の線路上で、近所に住む川島淑斗ちゃん(3)が熱海発静岡行きの下り普通電車にはねられた。淑斗ちゃんは病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。
 

 メディア報道によると、事故現場は踏切に近い線路上。淑斗ちゃんに気付いた運転士が警笛を鳴らして急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。淑斗ちゃんが誤って線路内に立ち入ったとみて、同署が家族から話を聞くなど詳しい状況を調べている。

 

 3歳の男児のショッキングな死にネット上の反響は大きい。目立ったのは親の責任を問う声だった。「テレビのニュースで見ました。3歳の子が一人で線路内に立っていたと。もう、これは親の責任です。なぜ目を離していたのか。ネグレクトだったのではと勘ぐってしまいます。普通の親なら絶対に3歳を一人にはしない」、「10000%親の責任。3歳の子供なら尚の事。完全に親が悪い。はねてしまった運転手に同情する。線路近くに住んでいる家族だと思うが、それなら尚の事、電車に近づいてはいけないなどの日ごろの注意や、やはり目を離してはいけない」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190928205126j:plain

 一方で、親への批判意見に反論の声も。「親がどういう状況だったかにもよるけど、わざわざ他人が責めなくても親は責任を感じている。自害しても悔やみきれないほどに。小さい子供なんて3秒あれば事故に遭う。成長するとその可能性が低くなるだけ。どんなに注意を払っても起こる事もある。事情を正確に知らずに親の責任と一点張りで威張る人は子育て経験ないのでは?」、「ただでさえ悲しみに沈んでいる親御さんを責める人など、もはや精神的にも人間的にも破綻しているとしかいいようがありません。その子どもはあなたの子ですか?違うでしょ。親御さんを責めることなど絶対にできませんし、他人がとやかく言う問題ではありません」などの訴えもみられた。助けられなかった親も精神的ショックを受けているだろう。淑斗ちゃんのご冥福を祈るばかりだ。