【スポンサーリンク】

高校生が車にはねられて軽傷 現行犯逮捕の38歳男に同情の声が 

 岐阜市長良福光で14日午後1時半頃、高校1年の男子生徒(15)が信号のない横断歩道を歩いて渡っていたところ、乗用車にはねられた。男子生徒は病院に運ばれ、腰などを打って軽傷を負った。はねられた男子生徒は部活動の合間にコンビニに行く途中、事故にあったという。

 

 この事故で、乗用車を運転していた近くに住む会社員の男(38)が過失運転致傷で現行犯逮捕された。男は容疑を認めており、男子生徒に気付くのが遅れたのが事故原因とみられる。

 

 ネット上では逮捕された男に同情の声が出ている。理由は一部のメディア報道で実名発表されていることだ。「なんで氏名公表するの?そこまでの悪質性は感じられない。マスコミは氏名公表の基準を公表してほしい」、「上級国民は人が亡くなっているのに逮捕なし。であれからどーなった? 逮捕の基準、名前を出す基準、報道の仕方に警察の対応おかしくないか」などの指摘が。

f:id:imp0201:20190909120933j:plain

 「逮捕され、名前が公表されれば簡単に自宅や勤め先、また、家族の情報が一瞬で広がります。人権がなくなると言いますか…。マスコミはそのこともちゃんとわかっているのでしょうか。私の親戚は誤認逮捕だったのですが、家族にたくさんの悪口の電話や手紙、張り紙が多く、奥さんは気を病み亡くなりました。被疑者を擁護するつもりではありませんが、もうちょっと考えた報道をして欲しいかな、とよく思います。家族は関係ありません。この事故の場合被害者は軽傷、名前を公表する必要はあるのでしょうか…。この報道がこの方の家族を追い込まないことを願います」という切実な訴えもあった。