【スポンサーリンク】

家出少女に性的暴行の35歳男逮捕も…被害者と親の非を指摘する声が

 酒に酔って熟睡していた家出中の18歳未満の少女に性的な暴行をしたとして、埼玉県警捜査1課と少年捜査課、幸手署の合同捜査班は19日、さいたま市見沼区大谷、自称アルバイトの男(35)を準強制性交の疑いで逮捕した。


 メディア報道によると、男は昨年12月30日夜、当時住んでいた幸手市西2丁目の借家で、大阪府の10代の少女が酒に酔って熟睡し、抵抗できない状態で性的な暴行をしたという。


 男は昨年12月上旬、SNSを通じて千葉県船橋市内で少女と知り合い、幸手市の借家で寝泊りさせていた。少女は家出中で、母親から捜索届が出ていた。犯行当日は男が酒を買い、少女と一緒に借家で飲酒。少女は男に精神安定剤だと言われて薬を飲まされたという。男は少女が18歳未満という認識はあったが、容疑を否認している。少女は今年1月中旬、男の家を出て大阪に帰った際、母親に被害を申告。母親が大阪府警に被害届を出し、犯行が発覚した。

f:id:imp0201:20190804160844j:plain

 ネット上では被害を受けた少女と親の非を指摘する声が多い。「無理やり家に連れこんだなら問題があるが、女の子も家出をしてこの男性を頼って行ったのだから同意と言われても仕方ないと思う。何が理由で家出をしたのかはわからないが、結局母親に泣きついて被害を訴える考えが甘いと思う。自ら招いたこと…そのことをしっかり反省すべき」、「冷たいかもしれないけど自業自得って言われても仕方ないと思うよ・・・。薬には気付かなかったかもしれないけど、飲酒は自分の意思。未成年とはいえ、善悪の判断は自分でできる年齢」、「いつも思うが、男だけの問題じゃないと思う。未成年とはいえ、女の方にも非はある。又、未成年だから正しい判断が出来ない。と言うなら、親にも責任があると思う」などの書き込みが。少女は心に大きな傷を負ったかもしれないが、親と共に自身の行動を反省しなければいけない部分もあるだろう。