【スポンサーリンク】

10歳女児連れ去りわいせつ行為で逮捕 男の「前科」に大きな反響が

 10歳の女児を車で連れ去り、わいせつ行為をしたとして、東京都府中市小柳町、派遣社員の沢田龍裕容疑者(34)がわいせつ略取と強制わいせつの疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、沢田容疑者は動画共有アプリ「TikTok」のメッセージで小学5年の女児を脅した上、先月30日昼頃、都内のコンビニに呼び出してレンタカーで連れ去り、横浜市のホテルでわいせつ行為をした疑い。女児は同日午後、同じコンビニで解放され、その後、母親が被害を届け出た。2人は6月頃、TikTokを通じて知り合ったという。沢田容疑者は別の小学生女児への強制性交容疑で17年11月に福岡県警に逮捕され、同罪で有罪判決を受けて執行猶予中だった。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 ネット上では、「執行猶予とかね、そんなんいらんねん。性犯罪に関わらず、再犯率の高い犯罪は、もっと厳罰化すべき。時代にあわせた法改正を望みます」、「だから罰則を厳しくしろって言ってるのに。日本の法律は加害者を守るくそ法律だからな」など怒りの声が。また、「私の周囲の小学生もtiktok関係で県をまたいで多くの人に会いに行っている子がいます、残念な事に親がそれを問題視していません。何かあってからでは遅いと普通の親は思うのですが思わない親もいる事も恐ろしい事です。そのような親もいるので家庭で対策だけでは防止は無理だと思います」という意見も見られた。