【スポンサーリンク】

急ブレーキ3回で後続車に追突 あおり運転で書類送検の女性に「同情の声」が

 後続車の通行を妨害する目的で急停止し追突させたとして、京都府警宮津署は7日、京都府与謝野町のパート女性(32)が道交法違反(あおり運転・著しい危険)の疑いで、書類送検された。あおり運転を厳罰化した6月の改正道交法の施行後、京都府内での検挙は初めてだという。

 

 京都新聞の報道によると、女性は7月9日午後7時50分ごろ、与謝野町石川で軽自動車を運転中、京都府京丹後市の男性(36)の乗用車の通行を妨害する目的で、3回急ブレーキをかけ、さらに急停止して追突させるなどした疑い。女性は「車間距離を詰められた気がして腹が立った」と供述しているという。

 

 ネット上では、「後続の車が、意図的に煽った様子も有るんじゃないのか?止まれず追突する事がその証拠だ。車間不保持の注意を促したかったのが本意ではないのか。同情な面もある」、「車間距離をつめられるのは、誰でも腹が立つ。こういうケースでは、両方とも煽り運転として逮捕すべきです。ドライブレコーダーでの証拠は必要でしょうが。車間距離をつめられると本当にストレスがたまる」という書き込みが。

f:id:imp0201:20200908115037j:plain

 一方で、「追突車両は煽りにならないということは後続車の映像が残ってたんだろう。警察がそれで後続を煽り認定しないということは客観的にみて煽り運転に該当する運転ではなかったということ。登り坂等で車間が一時的に詰まり、煽られたと錯覚したのだろう。自分の正義を振りかざす人間が増えてるなかで、今回の警察の冷静な判断は称賛する」、「そんな事で3回も急ブレーキを掛けて追突させたんですか。事故を起こせば 事故処理で無駄な時間をお互いに必要としますし金銭的負担もあるでしょう。一度ならまだしも、3回では故意としか思えません。どちらがどうとは言えませんが、道路上にいるのはあなた方だけではありません。他人が巻き込まれなくて良かったです」という意見も見られた。