【スポンサーリンク】

母親の首絞めて殺人未遂疑いで逮捕 31歳女の犯行動機に「理解不能」の声が

 北海道札幌市で母親の首を絞めて殺害しようとしたとして、31歳無職の女が殺人未遂の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、女は16日午後2時ごろ、札幌市東区の共同住宅の1室で、60代の母親の首を手や荷造り用のビニール紐で締め殺害しようとした疑い。女が「母親の首を絞めた」と自ら110番通報し、警察に自首したという。母親の首は赤くなった程度でけがはなかった。

 

 女は4月上旬、北海道の方が新型コロナウイルス感染の可能性が低いと東京から実家に戻り、母親と暮らしていた。しかし実家にWi-Fiの環境がなく、「つけるように頼んでもつけてくれない。お金が大事で私のことを何も考えていない。母親はうそをつく」などの不満があり、事件直前に口論になっていたという。

 

 女性の身勝手な犯行動機にネット上では、「理解不能。お金が大事って当たり前だろ。実家に帰って食事代や住居代が浮いているならWi-Fiぐらい自分の金でつけろよ。というかWi-Fi付けてもらえないという理由で首を絞めるという行動が意味分からない」、「自分でポケットWi-Fiでも契約すればいいのに…無職でお金なくて、親に頼んだけど契約してもらえなくて、最終的に首絞めるって行動がよくわからない。どうしても使いたかったら、近くのコンビニやショッピングモールにでも行って、無料のWi-Fi使えばいいだけの話」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 また、「いや何で帰ったの?帰省が感染を広めるって言われていたよね?私の事を考えてくれないと言う以前に、親の事考えよう。それにWi-Fiは自分で手配して付ければ良い」と女性が都内から札幌の実家に戻った行動に疑問を呈する意見も見られた。