【スポンサーリンク】

30歳市役所職員が自殺 パワハラの女性係長の処分に怒りの声が

 愛知県小牧市の男性職員(当時30歳)が昨年7月に自宅で首を吊り自殺した件で、同市は総務部情報システム課の女性係長(46)が男性職員にパワハラ行為をしたとして、停職6か月の懲戒処分としたことを発表した。

 

 メディア報道によると、女性係長は昨年4月から7月にかけて当時部下だった男性職員に対し、一人だけ意図的に会話をしないなど差別的な扱いをしていたという。男性は昨年7月にこの女性係長について「威圧的」などと記した直筆のメモを残し、自宅で自殺した。市が設置した第三者委員会は今年6月にこの女性係長の行為をパワハラと認定。同市が26日付けで停職6か月の懲戒処分を下した。

 

 ネット上では女性係長に対する処分が「軽すぎる」と怒りの声が多い。「人殺しが停職6カ月ねぇ…。人命軽視もいいところだね。最低だわ」、「人を死に追い込んで停職6か月とか軽すぎるしふざけているとしか思えない。民事訴訟でご遺族が訴えるべき」、「自殺する程思い詰められていたとすると、周りも気付いていたのではないかと考える。気付いていた周りの人々も停職にすべきだと思う」など批判的な意見が多い。

f:id:imp0201:20190623212443j:plain

 一方で、自身の経験談から違った見方も。「なぜその人だけに話さないようになったかの経緯を知りたいです。私も今困った後輩がいて、指示以外の事をしているので注意してもやめない、また注意するけどそれでもやめないの繰り返し。書類を教えても仮に仕上げた書類チェックを私がその日のうちにしないと嫌味を言う、私のチェック後に自分で仕上げた記載日に整合性がないと指摘されたら出した日にチェック出来なかった私のせいにするという人がいます。こういう人にはだんだん必要最低限の事しか話したくなくなります。こういう人は自分の権利だけには敏感で強く主張します。単なるイジメなのか、何か経緯があったのか知りたいです」という書き込みも見られた。