【スポンサーリンク】

ネットで知り合った女性2人、男性1人が「自殺未遂」で逮捕に驚きの声が

 練炭自殺をしようとしたとして、静岡市清水区大内の無職の女(21)、埼玉県内の専門学生の少女(18)、都内の会社員の男(47)が自殺ほう助未遂の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、3人は11日午後9時半ごろ、山梨県南都留郡内の駐車場に止めた車の中で練炭自殺を図った疑い。3人の命に別状はないという。3人はインターネットを通じて出会った。12日午前6時半ごろ、捜索届けのあった車を警察官が見つけ、職務質問したところ車内に燃えた練炭と七輪があり、犯行が発覚したという。

 

 ネット上では、「警察の解釈を考えると3人がそれぞれ相手の自殺を手助けしたから自殺幇助という。考え方なんだろうけどそれはちと強引過ぎないか?自殺者しようとした人達に、犯罪歴なんてつけたらそれこそ現状復帰に行き詰まってまた自殺しかねない。普通にまずは入院させるべきだと思うな」、「自殺を手助けした人が逮捕されたかと思ったが自殺未遂をした人達が自殺幇助で逮捕されたなんて初めて聞いた。日本は個人が死ぬ権利もない世の中なんだね」など3人の逮捕に疑問の声が。

f:id:imp0201:20200811202758j:plain

 一方で、「逮捕と言っても警察の方達は必死で説得してると思うよ。冷静にさせるための時間稼ぎ。見つけて『自殺なんて駄目だよ、はい、帰って』の方がよほど白状じゃない?事件を犯す警察官も居るけど、正義感を持った優しい警察官が沢山居ることを信じたい…」、「これで逮捕されるのはおかしいって意見が多いけど、『日本の法律』では『Aさんが死にたい願望がある人かどうかどうでもいいわ。Aさんの命を奪おうとしたことが問題なんだわ』ってことでしょ?法律がルールなんだから、ちょっとみんな情に流されすぎでは?死ぬ権利もないのかって言うなら、一人で自殺未遂してたら別に逮捕されなかったわけで」と反論の声も見られた。