【スポンサーリンク】

天然炭酸水の井戸に2人転落で死亡 「自己責任論」に反論の声も

 15日午前5時10分ごろ、福島県金山町大塩の天然炭酸水が湧く井戸で、炭酸水をくみに来ていた新潟県長岡市の無職諸橋勲さん(77)、姪で同市の会社員伊佐るり子さん(49)の2人が転落しているのを親族が見つけた。2人は病院に搬送されたが死亡が確認された。


 メディア報道などによると、2人は親族と車で訪れたという。井戸内の二酸化炭素を吸って転落した可能性が高いとみられる。井戸は深さ約4メートル、水位約1メートルだった。近隣住民によると、大塩の天然炭酸水は古くから知られた薬泉で、16年のG7伊勢志摩サミットや今年のG20大阪サミットでも提供された。地元住民や観光客が自由に飲めるほか、県外の業者がペットボトルで販売しているという。

 

 想定外の痛ましい事故にご冥福を祈るばかりだ。ネット上ではこの事故を巡り、「自己責任論」と「管理側の責任」で主張が分かれている。「管理の問題では無い。気軽にタダで利用する設備なら自己責任。徹底した安全管理を希望するなら、有料で時間制限ありだ」、「まず亡くなった方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。これは完全に死亡した当事者とその家族の責任です。井戸場の管理責任も無くは無いですが基本的に当事者側に責任があります。事故を起こす少数の為に問題なく使用する多数が迷惑を被る事は残念な事です。普通に考えるともう利用者は途絶えるでしょう」など自己責任論が目立つ。

f:id:imp0201:20190814181527j:plain

f:id:imp0201:20190730105756j:plain

 一方で、これらの意見に反論の指摘も。「これで自己責任とかいうのが日本の腐った体質。「今まで大丈夫だったから」とかじゃなくて「その井戸にもとから存在している通常の環境下では起きない健康の危険」がある以上ルールを明確に提示するのが管理者側の責務だろ。ただ自分から落っこちたんじゃないんだから」、「自己責任というなら、各自酸欠測定の機材を持参しなきゃならんのか?自治体も関知していたなら「酸欠注意」の注意喚起が必要だったはず」などの書き込みもみられた。