【スポンサーリンク】

車数十台にひっかき傷 逮捕の男が容疑否認も、供述に「ある矛盾」指摘の声が

 北九州市小倉南区の駐車場で数十台の車にひっかかれたとみられる傷が見つかった事件で、福岡県警は3日、同区下吉田3丁目、無職坂本慎太郎容疑者(29)を器物損壊の疑いで逮捕した。
 

 メディア報道によると、坂本容疑者は9月17日午後2時35分ごろ、小倉南区沼南町2丁目の駐車場で、同区の女性(57)の乗用車に線状の傷をつけた疑い。小倉南署は25日、ドライブレコーダーに映っていた男の映像を公開。26件の情報提供があり、うち5件で「坂本容疑者に似てる」と目撃情報が寄せられたという。

f:id:imp0201:20191003210943j:plain

 ネット上では、「中学生が若気の至りでやりそうなイタズラ。頭が成長してない残念な人ですね。被害者の方も犯人が29歳と知ったら唖然でしょうね。呆れていると思いますよ。義務教育からやり直した方がいいでしょう」、「無職で29歳、とんでもない男だな 本人も何の得にもならないし動機がわからないし、多分むしゃくしゃして、やっただろう、弁償してもらうのが当然だが、金ないだろうし、ぶん殴ってやりたい」など怒りの声が。また、坂本容疑者が「事実ではないし、記憶にございません」と容疑を否認していることに、「記憶がないのに事実ではないと断言できるって矛盾しているね」、「日本語がおかしい。記憶がないなら事実かどうかわからないでしょ」など矛盾を指摘する書き込みも見られた。