【スポンサーリンク】

1歳男児にわいせつ未遂で逮捕 29歳男の「顔写真」に、驚きの声が

 1歳男児にわいせつな行為をしようとしたとして、京都府警南署は17日、強制わいせつ未遂の疑いで、京都市北区紫野南花ノ坊町の自称アルバイトの金丸奎介容疑者男(29)が現行犯逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、金丸容疑者は17日午後2時45分ごろ、同市南区の大型商業施設で、同市の男児の下半身を触ろうとした疑い。母親と離れた男児を抱き上げて膝の上に乗せる男を警戒中の警察官が発見。3月ごろから同施設で子供ばかりを見つめたり、付きまとったりする不審な男の情報が寄せられていたという。金丸容疑者は男児を女児と間違えたといい、「女児にわいせつな行為をしようと思った」と容疑を認めているという。

 

 金丸容疑者は7年前の13年にも女児(5)に「パンツを見せて」といって近寄り、女児のスカートをめくって下腹部を触ったとして大阪府迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されている。ネット上では「こういった輩にこそ、GPSが必要。日本も性犯罪者にGPS義務化を検討し始めたが、検討している場合ではないから。遅過ぎるくらいだこんな事では先進国とは言えない。既にアメリカやヨーロッパ、韓国などで導入されている。足首に小型ブレスレットタイプのGPSを義務化以後の再犯率が8分の1以下になっているから、かなり効果がある」、「他人に危害を加える病気で治療が困難なわけだからGPS付けて監視するとかしないと。それと治らないなら逮捕3回目で終身刑とかにしないと」など性犯罪者へのGPS装着を義務付けるなど法改正を求める声が。

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 また、金丸容疑者が過去にSNS上で自身の顔写真を公開していたことから拡散されている。「どんな神経して顔写真を載せているんだろ」、「顔を見た時に鳥肌が立った。性犯罪者は厳しく取り締まってほしい」など怒りをにじませるコメントが目立った。