【スポンサーリンク】

62歳男性を引き逃げで逮捕 26歳女性の「職業」に驚きの声が

 バイクで運転した男性に衝突してひき逃げし、軽傷を負わせたとして、掛川市長谷の医師・永井里奈容疑者(26)が自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、永井容疑者は10日午前7時ごろ、運転する車で原付バイクと出合い頭に衝突した後、その場から逃げた疑い。男性は軽傷を負った。永井容疑者は「ぶつかったけれどバイクとは思わなかった。縁石だと思った」などと容疑を否認しているという。永井容疑者は4月から中東遠総合医療センターの研修医として働いていた。

 

 ネット上では、「縁石だろうがぶつかったと感じたなら普通は止まって確認するだろう。それをしないで走行してその場を離れるのは明らかにヤバいと感じたからであって確信犯」、「逃げなきゃね~。まだ救いがあったかもしれないのに… 逃げたせいで人生が大事故起こしちゃったよ」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200908115037j:plain

 また、「医師免許はどうなるのでしょ?他人の命を救う仕事を選んでおきながら、救護義務違反とは、なんとも情けない」、「こんな人に医師になる資質、資格は欠片もない。自分から運転免許証と共に、医師免許も返納して欲しい」など医師である立場の永井容疑者に怒りの声が多かった。