【スポンサーリンク】

24時間テレビ 猛暑で出演者が足を負傷した「ある企画」に中止求める声が

 日本テレビ系「24時間テレビ」で、5キロを走る度に10万円を募金する新企画「募金ラン」に挑戦中の高橋尚子さんが、23日午前11時ごろに左太ももがつるアクシデントに見舞われた。30度近い猛暑の中で立ち止まったり、足をさすりながらゆっくり歩く展開に視聴者から心配の声が上がっている。

 

 高橋さんは直前練習で右ふくらはぎを痛めてサポーターを装着。左足を負傷後は立ち止まって足をさすったり時折厳しい表情を浮かべていた。その後にランニングを再開して午後6時10分に目標の100キロを走り終えると、高橋さんの希望でその後も走り続けている。

f:id:imp0201:20200823183903j:plain

 ネット上では、「結果的に100キロをクリアしたから良かったではなく、一歩間違えれば大事故につながる危険性があった。高橋さんはもう現役のランナーじゃない。企画を中止すべきだったと思う」、「現役引退してから随分と経っているので、やはり真夏に100kmはちょっと。無謀かなと思います大きな怪我をする前にリタイヤをした方が良いと思います。TVの事もあると思いますが無理と無茶は違います」などの書き込みが。

 

 また、「走ることへの意味が皆無なんだよな…。普通に募金するのじゃダメなの?に帰結してしまう。誰かに何かを届けるとか、もっと『走る』意味がほしい。苦しい顔を映したいだけ、という感じでは感動はできない。高橋さんに落ち度は何もないので、大きな怪我にならないよう、かつご自身が納得のいく形で進めてもらえればいいと思う。走れとも、やめろとも、外野からはちょっと言えないかな」という意見も見られた。