【スポンサーリンク】

日テレ24時間テレビ 衝撃の裏話に、「想像できない」と驚きの声が

 ダウンタウンの松本人志が11日にフジテレビで放送された「人志松本のすべらない話」に出演。数年前に日本テレビ「24時間テレビ」恒例のチャリティーマラソンランナーのオファーがあったことを初めて明かした。

 

 松本は日本テレビからのオファーに、「逆におもろいんちゃうか、やろうかなと。世間の人もビックリするし、まあ、いいんちゃうかなって、言ったんですよ。ただ、少し引っかかったのは、ちょっと照れちゃうし、恥ずかしいし、なんで松本が走るのかなぁっていう意味が分からないんじゃないのかなって。走る大義”みたいなものが、俺全然いいねんけどな、ってスタッフに話して」と前向きだったことを明かした。

 

 走る大義として、同局の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」を絡めて、松本と浜田雅功とどっちが走るかを競う、松本と浜田がリレーなど様々な案を1年前からスタッフと綿密に打ち合わせしていたという。浜田のOK待ちの状態にまで事態は進んだが、浜田の返事は「一歩たりとも走れへん」拒否。「24時間マラソン」でダウンタウンが走るプランは消滅したという。松本は「(浜田が)どんだけチャリティー精神ないねん」と笑わせていた。

f:id:imp0201:20200112164949j:plain

 この番組を見た視聴者からは大きな反響が。ネット上では、「マラソンの大詰めでZARDの負けないでを出演者全員が泣きながら大合唱する中を松っちゃんがゴールして来て浜ちゃんと抱き合うシーンが想像出来ない」というコメントが。また、「浜ちゃんは松ちゃんが一人でやるんなら反対しない、自分もかかめられるとそこに笑いがないことにはやりたくないんだろうな。ダウンタウンとして受けるには笑いが前提であり、偽善的なお涙頂戴は芸人ダウンタウンとしてやりたくなかったんだろう」、「松っちゃんには24時間テレビのランナーやって欲しくないわー。逆にイメージ崩れる。浜ちゃんナイス判断!」、「走らなくて正解っしょ。浜ちゃんの方がわかってるな」と24時間マラソンを拒否した浜田の考えを支持する意見が多かった。