【スポンサーリンク】

23歳女が小6男児とわいせつ行為 地裁判決に疑問の声が

 当時小学6年生の男子児童とわいせつな行為などをしたとして、強制性交や児童買春・ポルノ禁止法違反などの罪に問われた23歳の女に、高松地方裁判所が言い渡した判決が大きな反響を呼んでいる。

 

 判決によると、女は昨年9月にスマートフォンのオンラインゲームを通じて男子児童と知り合った。13歳未満と知りながら、同年12月に当時小学6年生だった男子児童との性的な写真をスマートフォンで撮影。今年1月にも高松市の自宅でわいせつ行為に及んだ。

 

 高松地裁の三上孝浩裁判長は4日の判決で、「判断能力や性的知識が乏しいことにつけ込んで犯行に及んだことは悪質」と指摘。一方で、「女と男子児童が『将来は結婚したい』旨のやりとりをするなど、お互いに恋愛感情を有していた。今後一切連絡しないなどの示談が成立している」と懲役5年の求刑に対し、懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡した。

f:id:imp0201:20190905170134j:plain

 ネット上では、この判決に疑問の声が多い。「小学生の成長を著しく阻害する行為。男女が逆だったらずっと重い量刑が下されるだろうが、児童虐待の内容としては同等のはず」、「こういうパターンって、男女の年齢が逆だと、もっと厳しい判決が下るよね。法は誰にでも平等に裁いて欲しいと思います」、「小学生を相手に、『恋愛感情があった』、『将来、結婚したい』とはこの女の頭の中を見てみたい。単に児童ポルノ趣味に溺れていただけじゃないか。再犯の恐れがある。執行猶予付きは納得できない。医療刑務所に保護観察で服役させるべきだ。将来のある児童を護る対策を講ずる意味においても」などの書き込みが。同じ年齢の組み合わせで性別が逆の事案である場合は執行猶予が付く可能性が低いため、判決が不平等であるという見方が多かった。