【スポンサーリンク】

路上で短大生に抱きついた21歳会社員を逮捕 呆れた犯行動機とは

 神奈川県大和署は15日、綾瀬市上土棚中2丁目、会社員の男(21)を強制わいせつ未遂の疑いで、逮捕した。メディア報道によると、男は7月18日午後6時半ごろ、同市内の路上で短大生の女性(19)に後ろから抱きついたという。女性に抵抗されたため男は逃走した。

f:id:imp0201:20190808172643j:plain

 恐怖に襲われた女性は心に大きな傷を負っただろう。呆れたのは男の犯行動機だ。警察の調べに対し、「見かけた女性がかわいかった」などと供述しているという。ネット上では「呆れた。かわいいから抱きつく。そんな短絡的な発想で犯罪に走る人間を野放しにしない方がいい」、「猿や猪の方がまだ理性が効くぞ。ダメだこりゃ」、「かわいいな。美人だなと思う事はあっても、抱きつきたいなと思う思考回路にならないでしょ。自分の感情だけで人の心を傷つけるような事しちゃダメだって。抱きついたら捕まるのは自分。抱きつかれて傷ついてトラウマを抱えてしまうのは女性。どちらも得する事は何もない」など批判の声が。欲求を理性で抑えなければいけないのは当然のことだ。