【スポンサーリンク】

児童買春で21歳無職を逮捕 女子高生が受け取る「金額」に驚きの声が

 新型コロナウイルスの影響でアルバイトができず金に困っていた16歳の少女に対し、現金を渡す約束をしてみだらな行為をしたとして、無職の善本琢路容疑者(21)が児童買春の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、善本容疑者は4月、渋谷区内のビルの男性用トイレに設置された個室で18歳未満と知りながら16歳の女子高校生に現金を渡す約束をし、みだらな行為をした疑い。新型コロナの感染拡大でアルバイトができず金に困っていた女子高生が、ツイッターで「パパ活」を募集して善本容疑者と知り合ったという。10万円を渡す約束をして行為に及んだが、金を渡さずに立ち去った。

 

 ネット上では、「女子高生に同情できない。10万円って体を売ってもらおうとしていたわけでしょ?そんな大金を簡単に稼ごうと思っている時点で感覚がずれている」、「10万って…トイレでするような奴が払うわけないでしょ」と女子高生が受け取るはずだった金額に驚きの声が。

f:id:imp0201:20200929071418j:plain
 「女子高生も売春という罪を犯していることも罪として報道しないのか?買春を逮捕するように売春婦も厳しく罰しないと被害者気取りの売春婦増やすだけなんじゃ?」、「どっちも逮捕しろよ。需要と供給で成り立っているだろう。金を払わないかいから逮捕したのか?オンナもオトコも同意があり。16歳子供じゃない。男だけ逮捕は法律の矛盾だろう。両者合意の上でのトイレでの…だろう」という指摘も少なくなかった。