【スポンサーリンク】

20歳男性と女子中学生が交通死亡事故 「不思議な人間関係」に反響が

 15日午前1時10分ごろ、広島県福山市柳津町の県道交差点で、同市の解体作業員松田海馬さん(20)の乗用車がガードレールを突き破り、住宅に突っ込んだ。松田さんと同乗していた中学3年前田ななみさん(14)が死亡。車には計5人が乗っていたが、19歳の男性が重体、他に19歳と20歳の男性が重軽傷を負った。住宅に2人がいたがけがはなかった。


 現場は信号がある見通しの良い五差路。県道を北進してきた車が、対向車線を越えて交差点脇の住宅にぶつかった。カーブを曲がりきれず、住宅に突っ込んだ可能性が高いとみられる。

f:id:imp0201:20190915153357j:plain

 ネット上では、事故に遭った深夜の車内に19~20歳の男性4人と女子中学生が乗っていたという不思議な状況に対して反響が大きい。「車内の人間関係における女子中学生の存在位置について事故とは別の興味がわく」、「亡くなった方は可哀想とは思う一方、職業に貴賎なしとは言うが20歳でこういう職業の人間と付き合う中学生にも問題ありだったのではと勘ぐってしまう」、「何故深夜に女子中学生が同乗しているのかが疑問。行く行くはいずれ遭遇する事故の可能性を想像。どの様に生きるかは本人の自由ではあるが此の世を自分一人で生きている訳ではない。慎むべきを教えるのは親なのか教育なのか」などの書き込みが。「この中学生の女の子が、拉致など犯罪に巻き込まれてなければよいが」という指摘も見られた。早すぎる2人の若者の死。その背景に何があったのか気になるところだ。